So-net無料ブログ作成

【参加者募集中】 春の箱根西坂を歩く 桜の山中城 [箱根]

明日から4月。

そろそろ桜の開花もすぐそこまできた季節となりました。
春を感じに箱根にハイキングに出かけませんか?

今日は箱根パークボランティアもご案内のお手伝いをする
イベントをご紹介。

【春の箱根西坂を歩く 桜の山中城】
  桜が織りなす春のうららかさと壮大な歴史ロマンの旅
    主催:一般財団法人自然公園財団箱根支部
       イベント告知ポスターはコチラ

日時:4月14日(土)9時半~15時を予定 (雨天中止)

コース:箱根恩賜公園~箱根峠~接待茶屋~山中城址(解散)

集合:交通機関利用者 小田原駅新幹線口三省堂書店前 8:30
   現地集合者   恩賜箱根公園駐車場      9:00

費用:参加費は無料
   ただしバス代(約3.000円)と保険代(100円)は自己負担

持ち物:リュック、お弁当、飲み物、筆記用具、野外活動に適した服装
    雨具、保険証、保険代100円、バス代(約3.000円)

申し込み方法 
 イベント名・参加者全員の住所・氏名・年齢・電話番号・
 希望集合場所を記入し、往復はがきあるいは電子メールにて
 4月7日(土)までに申し込みください。

 申し込み先
  往復はがき:〒250-0522 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根164
         箱根ビジターセンター宛
  電子メール:hakone-vc@kanagawa.email.ne.jp

【注意】
当日の朝5時の天気予報(0559-177)にて
静岡県東部の降水確率の午前・午後いずれかが50%以上の場合は中止。

詳しくは箱根ビジターセンター(0460-84-9981)まで
お問い合わせください。

 
   皆様の参加をお待ちしております^^

【箱根PV】研修会とクリーンデー [箱根]

しばらく(数ヶ月も…)お休みしてしまいました[がく~(落胆した顔)]

またちょこちょこと書いていきたいと思ってマス。

さて、先週末の土日で、箱根パークボランティアの研修会と
クリーンデーが開催されました[るんるん]

P1040977.JPG

11/27(土)は箱根火山についての研修会。
講師は生命の星・地球博物館の研究員の笠間先生と
山下先生のお二方。
午前中は「箱根火山の噴火と火山灰層 火山の基礎知識」
午後は「箱根火山の形成史」ということで講義を受けました[わーい(嬉しい顔)]

P1050055.JPG

講義のあとは大涌谷へ行く途中にある船見岩まで歩いていき
大涌谷や冠ヶ岳などについて現地で講義を受けました。

P1050038.JPG

この角度から見ると、「クマのプ~さん」に見えるということで
箱根ツウには有名(?)な冠ヶ岳。
確かにそう見えますよね[わーい(嬉しい顔)]

土曜日の晩は芦ノ湖キャンプ村に宿泊し夜が更けるまで懇親会[ぴかぴか(新しい)]

翌・日曜日はクリーンデー。
以下の4コースに分かれて実施しました。
 1:ビジターセンター~湖尻水門~深良水門
 2:ビジターセンター周辺(園地)
 3:大涌谷~ブナ林経由~ビジターセンター
 4:大涌谷~金太郎岩経由~ビジターセンター

ちなみに私は3コースめに参加。

P1050158.JPG

大涌谷から見た富士山。
天候にも恵まれ青空に映えていました[晴れ]

P1050226(ブログ用).JPG

ハイキングコース沿いにはゴミは少ないのですが
車道に近い林内にはゴミがかなり落ちていました[ちっ(怒った顔)]
(赤い丸のところに車が見えますか?)

集まったゴミ.JPG

2時間ほどかけて集まったゴミ[がく~(落胆した顔)]
今年は例年よりも多く集まりました。

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へにほんブログ村

  ↑  参加してます。良ければ押してくださいませ。



タグ:箱根

涼を求めて芦ノ湖東岸で 自然観察と森林浴:参加者募集中です [箱根]

いよいよ梅雨もあけて、今日から3連休。
夏休みへ突入です。

こう暑いと涼しいところへ行きたくなりますね。
ということで、おすすめの自然観察会の御紹介です。

皆様の参加をお待ちしております。

「涼を求めて芦ノ湖東岸で 自然観察と森林浴」

緑に囲まれた芦ノ湖畔で、少人数班に分かれ、箱根パークボランティアと
一緒に動植物を観察します。ミニゲームや国立公園クイズにも挑戦します。

コース 箱根園~樹木園~芦ノ湖東岸歩道~湖尻ターミナル
 (★距離:約3 ㎞ ★所要時間:4 時間 ★標高差:20m)

開 催 日 : 平成22 年7 月30 日(金)
集 合 : 小田原駅西口新幹線広場 8 時30 分 送迎バスで移動 ※時間厳守
解 散 : 小田原駅 16 時(予定)
募集定員 : 50 名
費 用 : 大人2,900 円(保険100 円・バス往復2,500 円・樹木園300 円)
     小人1,600 円(保険100 円・バス往復1,300 円・樹木園200 円)
持 ち 物 : お弁当、飲み物、筆記用具、野外活動に適した服装、
     帽子、軽登山靴、雨具、レジャーシート、保険証、参加費

      ※雨天中止:当日の静岡県東部の降水確率の午前・午後のいずれかが
       40%以上の場合は中止になります。
       NTT 朝5 時の天気予報(0559-177)でご確認ください。
       主催者からの連絡は特にいたしませんので、各自必ずご確認ください。

お申し込み方法
     *募集定員を超えた場合は、抽選とさせていただきます。
     参加希望者全員の住所・氏名・年齢・性別・電話番号を
     記載し、下記までお申し込みください。

     ① 往復はがきの場合
       〒250-0522 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根旧札場164
        箱根ビジターセンター『イベント名』宛
     ② 電子メールの場合 (件名をイベント名にしてください)
       hakone-vc@kanagawa.email.ne.jp

締め切り:7/20(火)必着

問い合わせ先:箱根ビジターセンター
        Tel:0460-84-9981

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へにほんブログ村

  ↑  参加してます。良ければ押してくださいませ。

初夏の箱根の滝を巡る イベント募集内容の詳細案内 [箱根]

5/14にコチラのブログで御紹介したイベント案内について
正式な情報およびHP掲載がありましたので、ご連絡。

(コース概要・参加費用・応募締め切り等が先日お知らせしたときから
変更になっています。御注意ください)

詳細はこちらをどうぞ

「初夏の箱根の滝を巡る」
箱根に詳しい案内人と一緒に、コアジサイの香りを楽しみながら歩きませんか?
 
コース :小涌谷~千条の滝~飛竜の滝
      距離:約5キロ  所要時間:5時間 標高差:430メートル
日程  :6月12日(土曜日)9:30~
集合場所:箱根登山電車・小湧谷駅改札前に9:30集合(時間厳守)
解散場所:箱根湯本駅 午後4時予定
参加費用:大人480円・子供260円(片道バス代・保険代ふくむ)
募集定員:50名
持ち物 :昼食、飲み物、筆記用具、雨具、保険証、
     野外活動に適した服装・帽子・靴、参加費など
     (必要であればストック)

 ※雨天中止:当日の静岡県東部の降水確率の午前・午後のいずれかが
       40%以上の場合は中止になります。
       NTT 朝5 時の天気予報(0559-177)でご確認ください。
       主催者からの連絡は特にいたしませんので、各自必ずご確認ください。

 お申し込み方法
     *募集定員を超えた場合は、抽選とさせていただきます。
     参加希望者全員の住所・氏名・年齢・性別・電話番号を
     記載し、下記までお申し込みください。

     ① 往復はがきの場合
       〒250-0522 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根旧札場164
        箱根ビジターセンター『イベント名』宛
     ② 電子メールの場合 (件名をイベント名にしてください)
       hakone-vc@kanagawa.email.ne.jp

     応募締め切り:5/28(金)当日消印有効
     問い合わせ先:箱根ビジターセンター
        Tel:0460-84-9981

皆様の参加をお待ちしております。

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へにほんブログ村

  ↑  参加してます。良ければ押してくださいませ。


初夏の箱根の滝を巡る イベント紹介 [箱根]

先週末の土日で尾瀬にいってきました。

尾瀬情報はコチラで詳しく書いてますので、よろしければどうぞ。

さて、今日は箱根のイベント情報です。

★ 初夏の箱根の滝を巡る ★
 箱根に詳しい案内人と一緒にコアジサイの香りを楽しみながら歩きます。
 健脚向き !
 
コース :小涌谷~千条の滝~飛竜の滝~畑宿
日程  :6月12日(土曜日)9:30~
集合場所:箱根登山電車・小湧谷駅改札前集合
参加費 :保険代100円 交通費実費
募集定員:50名
持ち物 :昼食、飲み物、筆記用具、雨具、保険証、
     野外活動に適した服装・帽子・靴、参加費など

 ※雨天中止:当日の静岡県東部の降水確率の午前・午後のいずれかが
       40%以上の場合は中止になります。
       NTT 朝5 時の天気予報(0559-177)でご確認ください。
       主催者からの連絡は特にいたしませんので、各自必ずご確認ください。

 お申し込み方法
     *募集定員を超えた場合は、抽選とさせていただきます。
     参加希望者全員の住所・氏名・年齢・性別・電話番号を
     記載し、下記までお申し込みください。

     ① 往復はがきの場合
       〒250-0522 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根旧札場164
        箱根ビジターセンター『イベント名』宛
     ② 電子メールの場合 (件名をイベント名にしてください)
       hakone-vc@kanagawa.email.ne.jp

     応募締め切り:6/4(金)必着
     問い合わせ先:箱根ビジターセンター
        Tel:0460-84-9981

皆様の参加をお待ちしております。

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へにほんブログ村

  ↑  参加してます。良ければ押してくださいませ。

箱根用水(深良水門)を歩く 番外編 [箱根]

こんにちは、かおる@尾瀬・箱根・鹿沢PVです。

今回、箱根用水の出水口を見に行くために、芦ノ湖スカイラインを横切って
県道337号線を通っていきました。

DSCN7326.JPG

車道を車の通行のジャマにならないように歩いていると・・・
足元の道路わきには予想外にゴミが目立ちました。

DSCN7327.JPG

道路端に捨てられたタバコの吸殻。

DSCN7333.JPG

車道の谷側を見ると、何やら大きな物体が落ちています。

DSCN7334.JPG

よくよく見ると…
冷蔵庫やクーラーボックス?みたいな大型のものがまとめて
捨ててありました。

DSCN7335.JPG

さらに歩いていくと、道路沿いには裾野市の看板がたくさん出てきました。

DSCN7337.JPG

とはいえ、看板が設置された場所でも…
一瞬、「人間!?」と思ってしまいましたが…
大型のぬいぐるみや座椅子も捨てられていました。

今回歩いていて気づいたのは、タバコやペットボトルなどの
車の窓からのポイ捨てゴミは道路沿い全体に見られたのですが、
このように大型ゴミが主に目立ったのは看板のない地域。
あとで調べてみたのですが、どうやら国立公園と静岡県との
境界線で看板の有無が見られたようです。

同じ箱根地域でありながら、峠を越えて県が違うと、こんなにも
ゴミが目立つのか…と、ちょっと残念でした。

箱根パークボランティア主催で11月にクリーンデーというイベントが
ありますが、いままではビジターセンター周辺(深良水門や園地、
大涌谷付近)だったのですが、今年度はもう少し、外側の区域も
対象地域に加えようかと思った瞬間でした。

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へにほんブログ村

  ↑  参加してます。良ければ押してくださいませ。




箱根用水(深良水門)を歩く 深良水門の出水口 [箱根]

こんにちは、かおる@尾瀬・箱根・鹿沢PVです。
今日は一昨日の続きをお届けします。
(昨日は飲み会があり、記事投稿ができませんでした…)

深良水門をあとにして、石畳を登っていきます。

DSCN7320.JPG

当日の朝に雪が降ったため、通常では見られない景色が
たくさん見られました。

DSCN7324.JPG

樹木に張り付いて生えているコケにも、うっすらと雪が積もっていました。

石畳の道を湖尻峠方面へ登っていき、芦ノ湖スカイラインを横切っていくと…

DSCN7338.JPG

そこはもう静岡県裾野市になります。
芦ノ湖スカイライン付近が県境になっているようです。

湖尻峠からクネクネと曲がる車道を下っていきますが…
Googleマップで見た地図では近そうだったのに、なかなか
目的地点に到着しません。

DSCN7341.JPG

大きなカーブを曲がってちょっとしたら、やっと…
「深良用水之碑」と書かれた大きな碑がありました。
どうやらここが箱根用水の出水口のようです。

取水口での放出されていた水の勢いから、
どれくらいの水量かと期待して見ると…

DSCN7345.JPG

あれ?
予想外に水量は少ないです…。
あんなに勢いよかったのに、水深が深いのでしょうか?

DSCN7373.JPG

出水口側の堰はこんなかんじ。
芦ノ湖側に生息する魚類が箱根用水の中を通ってきてしまうのか
堰をはじめオオクチバス流下防止用のヤナのようなものもありました。

芦ノ湖から、この出水口を通って流れ出てきた水はどこに行くのか…。

DSCN7354.JPG

このように、車道をはさんで反対側にある水路を通っていくところまでは
確認したのですが、その後はまた地中?にもぐってしまったのか
追跡できませんでした。

DSCN7339.JPG

出水口にあった看板によると3.3キロ先に第一発電所があるようですので
機会を見つけていってみたいと思います。


にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へにほんブログ村

  ↑  参加してます。良ければ押してくださいませ。



箱根用水(深良水門)を歩く 湖尻水門と深良水門の取水口 [箱根]

こんにちは、かおる@尾瀬・箱根・鹿沢PVです。

昨日の箱根行きは湖尻・黒岳コースの自然情報がメインの目的でしたが
今回、一緒に出かけた「箱根のイノシシさん」が
 『深良水門の出口を見たい』
とのことでしたので、一緒に同行させていただきました。

芦ノ湖には水門が2つあります。
箱根ビジターセンターから湖尻桃源台、芦ノ湖キャンプ村を通って
最初にたどり着く水門は湖尻水門。

IMG_9440.jpg

   2008年4月20日の湖尻水門の様子。

DSCN7423.JPG

    2010年3月27日の湖尻水門の様子。
    上の写真と比べると、水位が高いのがわかります。
     この分だと、深良水門ではかなりの水量が期待できます。

芦ノ湖もう1つの水門は、小学校の授業でも習った記憶のある
いわゆる「箱根用水」と呼ばれる「深良水門」です。

DSCN5117.JPG

    2005年11月20日の深良水門付近の水位。
    かつての桟橋のあとでしょうか?骨組みが残っています。

DSCN7310.JPG

    2010年3月27日の同じ場所の水位。
    このふたつを見比べると水位の差が歴然。

DSCN7314.JPG

    深良水門の取水口である「湖水口」。
    芦ノ湖の水は、この湖水口から取水され、箱根外輪山の下を貫通した
    隧道を通って静岡県裾野市深良地域へと流れていきます。
    この隧道の長さは、全長1280mにも渡るそうですが、そんな工事が
    行なわれたのは、今から344年も前の寛文六年(1666)とのこと!
    しかも使った工具はツチ、ノミ、ツルハシといったものだそうです。
    芦ノ湖側と深良側の両方から掘り進められた隧道は、貫通したときには
    わずか1mの誤差しか無かったとは、当時の方々の技術に脱帽です。

DSCN7315.JPG

    2010年3月27日の深良水門湖水口では、このように、ものすごい勢いで
    取水されていました。この「取水された水の出口を確かめる」という目的で、
    出水口の深良口をたずねてみました。

              明日に続く…

    箱根用水についてはコチラに詳しく載っていました。

    深良水門の立役者である友野与右衛門が祀られているという
    「芦ノ湖水神社」が、昨年9月末まで住んでいた町(駿東郡長泉町)に
    あったとは知りませんでした。(私が住んでいたのは下土狩でしたが…)

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へにほんブログ村

  ↑  参加してます。良ければ押してくださいませ。




    



箱根は雪だった…。 [箱根]

こんにちは、かおる@尾瀬・箱根・鹿沢PVです。

今日の天気予報は晴れ、早春の箱根の自然と富士山を楽しみに
箱根パークボランティアの自然情報収集 湖尻黒岳コースにいってきました。

ところが…小田原駅を出たころから怪しげな天気だったのですが
箱根ビジターセンターにつくと、なぜかそこは雪景色でした。

DSCN7294.JPG

園地内に咲いていたミツマタの花にも雪が積もっていました。

ミツマタ(三又)
  ジンチョウゲ科ミツマタ属の落葉低木 中国原産。
  室町時代に渡来、コウゾと並び和紙の原料として有名。
  
DSCN7297.JPG

ヤブツバキのピンクも、雪景色にとても映えていました。

ヤブツバキ(藪椿) 別名:ヤマツバキ
  ツバキ科ツバキ属ヤブツバキ
  照葉樹林の代表的な種で、東北以西に生育する常緑の小高木。
  
DSCN7302.JPG

湖尻水門から深良水門へ向かう途中の雪景色。
笹の葉の上にうっすらと雪が積もっていました。

DSCN7305.JPG

道中、面白いものを見つけました。
まるで「宙に浮く雪」?

よ~く見ると、蜘蛛の巣の上に雪が積もっていました。

まるで蜘蛛の糸と雪が我慢比べをしているようでした^^

明日は箱根用水について、ご報告します。

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へにほんブログ村

  ↑  参加してます。良ければ押してくださいませ。


 

箱根パークボランティア 2010年行事の御紹介 その1 (4~6月の行事) [箱根]

こんにちは、かおる@尾瀬・箱根・鹿沢PVです。

3月6日に開催された箱根パークボランティアが所属している
箱根ボランティア解説員連絡会の総会において、今年度の
各行事について承認・決定しました。

ちなみに…
箱根パークボランティアがお手伝いする行事には
以下のようなものがあります。

「箱根自然解説活動連絡協議会」主催の行事
  GWや夏休みにおける箱根ビジターセンター活動

「箱根地域自然に親しむ運動(担当:環境省)」主催の行事
  春の仙石原・夏の芦ノ湖東岸・秋の湯坂路・秋の外輪山など

「箱根ボランティア解説員連絡会」主催の行事
  初夏の箱根の滝めぐり・秋のバリアフリー・クリーンデーなど

各行事のスケジュールについては、以下をご覧ください。

2010年度の行事はコチラをどうぞ

今日は4~6月に予定されている行事について御紹介します。

★ 4/25(日)~5/5(水)  ゴールデンウィークのビジターセンター活動
   早朝散歩:AM 6:00~AM 7:00  ビジターセンター前集合
        ビジターセンター周辺を野鳥や草花を観察しながら歩きます。
       爽やかな朝の散歩を楽しみませんか?
   大涌谷観察会 : AM 10:00~AM 12:00  PM 1:00~PM 3:00
        ビジターセンターから大涌谷まで自然観察をしながら往復します。
        片道のみの参加も可能ですので、お気軽にどうぞ。
          往路:AM10:00~12:00 ビジターセンター前
          復路:PM1:00~3:00  大涌谷湖尻自然探勝歩道入口
  クラフト教室: AM 10:00~AM 11:30  PM 1:00~PM 2:30 
       ビジターセンター内  多目的ホール
       木の実やいろいろな種を使って、キーホルダーやブローチを
       作ったり、竹トンボ作りをします。 (費用:材料費200円)

   DSCN0703.JPG

    2005年5月7日  ヤマボウシ

   DSCN2906.JPG

    大涌谷 

★ 4/29 (木・祝日)  自然とふれあうみどりの月間の集い
     スミレを探して 春の仙石原を歩く
       詳細はこちらをどうぞ

     開催日 :4/29(木)
     時間  :午前9時30分(集合)~午後3時(予定)
     コース :箱根ビジターセンター ~ 湖尻水門 ~ 耕牧舎跡(昼食)
           ~ 温湯 ~ 箱根湿生花園
          (歩く距離は約8キロ・標高差120m・所要時間 約4時間)
     集合場所:箱根ビジターセンター
     解散場所:箱根湿生花園
     募集定員:50名
     保険代 :100円
     持ち物 : 昼食、飲み物、筆記用具、野外活動に適した服装・帽子・靴、
           雨具、保険証、参加費、シート

     ※雨天中止:当日の静岡県東部の降水確率の午前・午後のいずれかが
       40%以上の場合は中止になります。
       NTT 朝5 時の天気予報(0559-177)でご確認ください。
       主催者からの連絡は特にいたしませんので、各自必ずご確認ください。

     お申し込み方法 *募集定員を超えた場合は、抽選とさせていただきます。
     参加希望者全員の住所・氏名・年齢・性別・電話番号を記載し、下記まで
     ① 往復はがきの場合
       〒250-0522 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根旧札場164
        箱根ビジターセンター
     ② 電子メールの場合
       M6876RR368F@j.asahi-net.or.jp

     応募締め切り:4/12(月)必着

     問い合わせ先:箱根ビジターセンター
        Tel:0460-84-9981
 
     IMG_9411.jpg

     2008年4月19日 芦ノ湖 湖尻にて

★ 6/12 (土) 初夏の箱根の滝を巡る
 小涌谷~千条の滝~飛竜の滝
 
      開催日 :6/12(土)
      コース :小涌谷~ 千条滝 ~ 飛竜の滝~畑宿
      募集定員:50名
      保険代 :100円
      応募締め切り:6/5(金)必着

     こちらについては詳細案内がまだできあがっておりません。
     詳細が決まり次第、また御紹介します。 

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へにほんブログ村

  ↑  参加してます。良ければ押してくださいませ。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。